ふるさと納税計算2015年

ふるさと納税の控除上限額が2倍になったとよく聞きます。
が実際の控除上限額を計算する方法があまり知られていないように感じます。

ふるさと納税での寄付金控除の上限の詳しい計算
用意するもの・・・5月か6月にもらう住民税の決定通知書

課税標準総所得・・・・・控除上限額
~195万円 ・・・・・・・住民税所得割額×23.558%+2千円
195~330万円 ・・・・住民税所得割額×25.065%+2千円
330~695万円 ・・・・住民税所得割額×28.743%+2千円
695~900万円 ・・・・住民税所得割額×30.067%+2千円
900~1800万円 ・・・住民税所得割額×35.519%+2千円
1800万円~4000万円・住民税所得割額×40.683%+2千円
4000万円~ ・・・・・・住民税所得割額×45.397%+2千円
*住民税所得割額=市民税所得割額+道府県民税所得割額

色々な計算式がありますがこれが一番わかりやすいかと思います。
役所のHPに所得税と住民税基礎控除・住民税特例控除を分けて計算して合計する方法を載せていたりしますが、実にお役所的だなあと思います。
税金がどこに入るのかはお役所にとって大事でしょうが、ふるさと納税をする側からしたら関係ないですよね。
(確定申告をされる方は所得税が一足早く還付されるので意味あるかもしれませんが、ワンストップ特例で確定申告をしない人には全く関係のない話です。ワンストップ特例を使うと本来は所得税で控除される分も住民税で控除されます。)

ふるさと納税のお礼はかなり還元率が良いので寄付控除上限を少し超しても良いかも。

テーマ : ふるさと納税
ジャンル : ライフ

ふるさと納税の続きの続き

ふるさと納税をさらに詳しく

ふるさと納税での寄付金控除の上限の詳しい計算
用意するもの・・・5月か6月にもらう住民税の決定通知書
所得割額×10%/特例控除割合+2000円=寄付の上限額
特例控除割合は所得税の課税所得
195万以下 84.895%
195万~330万 79.790%
330万~695万 69.580%
695万~900万 66.517%
900万~1800万 56.307%
1800万以上 49.160%で計算してみてください。
ややこしい人は目安は住民税の10%よりちょっと多めと考えてください。
実際にはお礼はかなり率が良いので寄付控除上限を少し超しても良いと思います。
ふるさと納税の税金の軽減
①確定申告をしたときにまず所得税が減税される。
(寄付金-2000円)×税率
②これから納める住民税が減額される。
現金が戻るのではなく、6月以降徐々に住民税と相殺される。
③つまり税金を取り戻すには時間がかかる。還付金は次のふるさと納税の資金に充てよう。

テーマ : 便利・お得な情報
ジャンル : ライフ

ふるさと納税続き

ふるさと納税を詳しく
手順①自分の寄付の上限を調べる
税額控除の特例を利用する仕組みなので、税を軽減してもらえる寄付金額には上限がある。目安は住民税の1割より少し多いくらい。詳しい計算は後ほど。
手順②寄付する自治体を選ぶ
自治体やふるさとチョイスなどのホームページで選ぶことが出来る。
ちなみに「ふるさと」とあるが全く縁も所縁もないところを選ぶことが出来る。
手順③寄付を申し込む
ホームページからそのまま申し込める自治体も多い。
手順④寄付金を送金する。
郵貯からだと手数料がかからない自治体が多い。クレジット対応の自治体はポイントもゲット!
手順⑤確定申告
税金を取り戻すために確定申告をする。

税金を取り戻すチャンスと説明しましたが、税金の取り戻し方は2段階です。

続きは後ほど。

ふるさと納税

皆さんはふるさと納税をしていますか?
納税?税金高いし、消費税も上がるのにさらに税金払えるか!!名前だけ聞くとそう思ってしまいます。
しかし、これは国が主導したおかしな制度で税金を取り戻すチャンスなのです。
個人年金・生命保険で紹介したように国のおかしな制度を利用すればノーリスク・ハイリターンが期待できるのです。
ふるさと納税は名前は納税ですが、実は自治体に対する寄付です。
寄付金額から2000円を引いた額が税金から却って来ますので、実質負担2000円だけです。
でも、2000円は負担でしょ?と思われるかもしれません。しかし、寄付をした自治体からお礼が届くのです。
地域の名産や正直寄付した額以上の商品が届いたり、クオカードなどの金券がもらえたりもします。
金券2000円もらったら負担はゼロ?!
私はお肉、果物、魚を狙って寄付しました。実際にお肉、果物、お米が人気なようです。
買えば何万円もする商品が負担2000円だけ。やらなきゃ損の制度ですね。

次はふるさと納税を詳しく。

保険の見直し

私も始めました。

フリーエリア

フリーエリア

プロフィール

とと

Author:とと
安月給の男が子供のためにお金の事を考える。
株式投資・資産運用・懸賞で生活にゆとりが出ればいいなあ。

カテゴリ
検索フォーム
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
お客様
ようこそ
現在の閲覧者数:
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
289位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
36位
アクセスランキングを見る>>
私もやってます
アフィリエイトはエーハチネット
広告
気になってます。
干すよりキレイ。ふとんクリーナーはレイコップ
ちょっと欲しいです。
【KINTONE (セグウェイ式)】
おすすめ
但馬牛・三田和牛専門店
おすすめ2
蟹を食べるなら 【かに本舗】
健康気になります。
イオンカード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

免責事項
当サイトに掲載された情報については、あくまでも私個人の感想によるものが多く、その内容の正確性等に対して、一切保障するものではありません。当サイトの利用で起きた、いかなる結果について、一切責任を負わないものとします。
ふるさと納税
ふるさと納税!さとふるが簡単!
広告
楽天
私も利用しているSBI証券
証券口座開設
QRコード
QR
RSSリンクの表示
リンク
勝手にリンクしています。