FC2ブログ

変動保険金額の増減の記録

4/13の日経平均は前日比-455円の19043円でした。
(前日比-2.33%)
私の保有株は前日比-0.87%でした。

保有株では
8198 MV東海 +89円(+4.46%)
などが値上がり
8005 スクロール -16円(-5.37%)
7743 シード -44円(-5.23%)
9876 コックス -8円(-5.00%)
1726 Br.HD -23円(-4.69%)
7455 三城HD -11円(-4.17%)
8002 丸紅 -21.3円(-4.11%)
などが値下がりしました。

変動保険金額の増減の記録。
(不定期になってしまっていますが)
保険の内容
・H27/4/1に変額有期生命保険の契約をしました。
・掛け金は一時払い約40万円。
・77歳までの有期保険で最低死亡保障100万円。
・77歳の満期時には満期金の受け取り。
 (満期金の最低保証は有りません。)
・運用は自分でポートフォリオを組み運用。
・運用益が出れば死亡保障が増額される。
・増額された死亡保障は増額分を年2回まで前払いすることが出来る。
・満期までは最低保証(死亡保険金)の有る投資信託のような保険です。
私の運用PFは外国株式100%で運用していますが、
「リスク分散で間接的に外国株式で運用している」と考えています。
(円安になればかなり運用が良くなります。)

これまでの変動保険金額増減の推移
H27/4月末は記録し忘れました。
27254円(H27/5/29)
12723円(H27/6/30)
4138円(H27/7/31)
ここからスマホで確認するようになったので毎月1日時点の運用状況
34,099円 (2015年8月)
-7,025円 (2015年9月)
-10,375円 (2015年10月)

28,573円 (2015年11月)
25,323円 (2015年12月)
16,292円 (2016年1月)
8,405円 (2016年2月)
-26,020円 (2016年3月)
-9,208円 (2016年4月)
-13,882円 (2016年5月)
-10,354円 (2016年6月)
-34,725円 (2016年7月)
-29,158円 (2016年8月)
-29,900円 (2016年9月)
-39,231円 (2016年10月)
-35,986円 (2016年11月)
-12,145円 (2016年12月)

4,195円 (2017年1月)
2,115円 (2017年2月)
17,656円 (2017年3月)
21,684円 (2017年4月)
26,705円 (2017年5月)
41,226円 (2017年6月)
38,852円 (2017年7月)
37,314円 (2017年8月)
31,835円 (2017年9月)
40,795円 (2017年10月)
52,897円 (2017年11月)
56,820円 (2017年12月)
65,554円 (2018年1月)
70,885円 (2018年2月)
38,595円 (2018年3月)
35,689円 (2018年4月)
47,609円 (2018年5月)
51,213円 (2018年6月)
65,273円 (2018年7月)
83,552円 (2018年8月)
86,655円 (2018年9月)
102,365円 (2018年10月)
64,967円 (2018年11月)
78,444円 (2018年12月)
33,254円 (2019年1月)
45,827円 (2019年2月)
78,304円 (2019年3月)
91,762円 (2019年4月)
101,964円 (2019年5月)
82,837円 (2019年6月)
101,560円 (2019年7月)
108,491円 (2019年8月)
95,305円 (2019年9月)
101,713円 (2019年10月)
107,058円 (2019年11月)
131,469円 (2019年12月)
146,828円 (2020年1月)
156,443円 (2020年2月)
113,044円 (2020年3月)
52,733円 (2020年4月)

4/10時点での変動保険金額は+82353円となっています
個人的には
①円建てで最低額が生命保険として保証されている。
②間接的にではあるが、簡単に外国株式に投資できる。
というのがメリット
だと思います。
しかし、あくまでも「生命保険」なのでインデックス投資信託に比べ、
手数料が高くなっています。(保険に回る部分がある。)

私は「モルガン・スタンレー・インベストメント・マネジメント」が
運用助言会社として入り、こまめな銘柄入れ替えをしているので、
世界株式運用の手数料としては納得しています。

私は変額有期生命保険の他に変額終身生命保険も契約しています。
また、似たような保険に変額養老保険や変額個人年金も有ります。
契約者の状態や考え方(リスク許容性や保障期間)によって、
どの保険が有利かは変わってきます。
変額保険で資産運用を考える際には、色々なケースを想定し、
複数の見積もりをもらうのがオススメですよ。

テーマ : 生命保険・損害保険
ジャンル : ファイナンス

変動保険金額の増減の記録

12/20の日経平均は前日比-48円の23816円でした。
(前日比-0.20%)
私の保有株は前日比+0.55%でした。

保有株では
6044 三機サービス +90円(+8.92%)
8198 MV東海 +103円(+4.59%)
などの銘柄が値上がりしました。

不定期になってしまっていますが変動保険金額の増減の記録。
保険の内容
・H27/4/1に変額有期生命保険の契約をしました。
・掛け金は一時払い約40万円。
・77歳までの有期保険で最低死亡保障100万円。
・77歳の満期時には満期金の受け取り。
 (満期金の最低保証は有りません。)
・運用は自分でポートフォリオを組み運用。
・運用益が出れば死亡保障が増額される。
・増額された死亡保障は増額分を年2回まで前払いすることが出来る。
・満期までは最低保証(死亡保険金)の有る投資信託のような保険です。
私の運用PFは外国株式100%で運用していますが、
「リスク分散で間接的に外国株式で運用している」と考えています。
(円安になればかなり運用が良くなります。)

これまでの変動保険金額増減の推移
H27/4月末は記録し忘れました。
27254円(H27/5/29)
12723円(H27/6/30)
4138円(H27/7/31)
ここからスマホで確認するようになったので毎月1日時点の運用状況
34,099円 (2015年8月)
-7,025円 (2015年9月)
-10,375円 (2015年10月)

28,573円 (2015年11月)
25,323円 (2015年12月)
16,292円 (2016年1月)
8,405円 (2016年2月)
-26,020円 (2016年3月)
-9,208円 (2016年4月)
-13,882円 (2016年5月)
-10,354円 (2016年6月)
-34,725円 (2016年7月)
-29,158円 (2016年8月)
-29,900円 (2016年9月)
-39,231円 (2016年10月)
-35,986円 (2016年11月)
-12,145円 (2016年12月)

4,195円 (2017年1月)
2,115円 (2017年2月)
17,656円 (2017年3月)
21,684円 (2017年4月)
26,705円 (2017年5月)
41,226円 (2017年6月)
38,852円 (2017年7月)
37,314円 (2017年8月)
31,835円 (2017年9月)
40,795円 (2017年10月)
52,897円 (2017年11月)
56,820円 (2017年12月)
65,554円 (2018年1月)
70,885円 (2018年2月)
38,595円 (2018年3月)
35,689円 (2018年4月)
47,609円 (2018年5月)
51,213円 (2018年6月)
65,273円 (2018年7月)
83,552円 (2018年8月)
86,655円 (2018年9月)
102,365円 (2018年10月)
64,967円 (2018年11月)
78,444円 (2018年12月)
33,254円 (2019年1月)
45,827円 (2019年2月)
78,304円 (2019年3月)
91,762円 (2019年4月)
101,964円 (2019年5月)
82,837円 (2019年6月)
101,560円 (2019年7月)
108,491円 (2019年8月)
95,305円 (2019年9月)
101,713円 (2019年10月)
107,058円 (2019年11月)
131,469円 (2019年12月)

12/20時点での変動保険金額は+137609円となっています。
個人的には
①円建てで最低額が生命保険として保証されている。
②間接的にではあるが、簡単に外国株式に投資できる。
というのがメリットだと思います。
しかし、あくまでも「生命保険」なのでインデックス投資信託に比べ、
手数料が高くなっています。(保険に回る部分がある。)
私は「モルガン・スタンレー・インベストメント・マネジメント」が
運用助言会社として入り、こまめな銘柄入れ替えをしているので、
世界株式運用の手数料としては納得しています。

私は変額有期生命保険の他に変額終身生命保険も契約しています。
また、似たような保険に変額養老保険や変額個人年金も有ります。
契約者の状態や考え方(リスク許容性や保障期間)によって、
どの保険が有利かは変わってきます。
変額保険で資産運用を考える際には、色々なケースを想定し、
複数の見積もりをもらうのがオススメですよ。

テーマ : 生命保険・損害保険
ジャンル : ファイナンス

変動保険金額の増減の記録

11/19の日経平均は前日比-124円の23292円でした。
(前日比-0.53%)
私の保有株は前日比+0.08%でした。

保有株では
7172 JIA +52円(+3.13%)
などの銘柄が値上がりしました。

不定期になってしまっていますが変動保険金額の増減の記録。
保険の内容
・H27/4/1に変額有期生命保険の契約をしました。
・掛け金は一時払い約40万円。
・77歳までの有期保険で最低死亡保障100万円。
・77歳の満期時には満期金の受け取り。
(満期金の最低保証は有りません。)
・運用は自分でポートフォリオを組み運用。
・運用益が出れば死亡保障が増額される。
・増額された死亡保障は増額分を年2回まで前払いすることが出来る。
・満期までは最低保証(死亡保険金)の有る投資信託のような保険です。
私の運用PFは外国株式100%で運用していますが、
「リスク分散で間接的に外国株式で運用している」と考えています。
(円安になればかなり運用が良くなります。)

これまでの変動保険金額増減の推移
H27/4月末は記録し忘れました。
27254円(H27/5/29)
12723円(H27/6/30)
4138円(H27/7/31)
ここからスマホで確認するようになったので毎月1日時点の運用状況
34,099円 (2015年8月)
-7,025円 (2015年9月)
-10,375円 (2015年10月)

28,573円 (2015年11月)
25,323円 (2015年12月)
16,292円 (2016年1月)
8,405円 (2016年2月)
-26,020円 (2016年3月)
-9,208円 (2016年4月)
-13,882円 (2016年5月)
-10,354円 (2016年6月)
-34,725円 (2016年7月)
-29,158円 (2016年8月)
-29,900円 (2016年9月)
-39,231円 (2016年10月)
-35,986円 (2016年11月)
-12,145円 (2016年12月)

4,195円 (2017年1月)
2,115円 (2017年2月)
17,656円 (2017年3月)
21,684円 (2017年4月)
26,705円 (2017年5月)
41,226円 (2017年6月)
38,852円 (2017年7月)
37,314円 (2017年8月)
31,835円 (2017年9月)
40,795円 (2017年10月)
52,897円 (2017年11月)
56,820円 (2017年12月)
65,554円 (2018年1月)
70,885円 (2018年2月)
38,595円 (2018年3月)
35,689円 (2018年4月)
47,609円 (2018年5月)
51,213円 (2018年6月)
65,273円 (2018年7月)
83,552円 (2018年8月)
86,655円 (2018年9月)
102,365円 (2018年10月)
64,967円 (2018年11月)
78,444円 (2018年12月)
33,254円 (2019年1月)
45,827円 (2019年2月)
78,304円 (2019年3月)
91,762円 (2019年4月)
101,964円 (2019年5月)
82,837円 (2019年6月)
101,560円 (2019年7月)
108,491円 (2019年8月)
95,305円 (2019年9月)
101,713円 (2019年10月)
107,058円 (2019年11月)

11/19時点での変動保険金額は118390円となっています。
個人的には
①円建てで最低額が生命保険として保証されている。
②間接的にではあるが、簡単に外国株式に投資できる。
というのがメリットだと思います。
しかし、あくまでも「生命保険」なのでインデックス投資信託に比べ、
手数料が高くなっています。(保険に回る部分がある。)
私は「モルガン・スタンレー・インベストメント・マネジメント」が
運用助言会社として入り、こまめな銘柄入れ替えをしているので、
世界株式運用の手数料としては納得しています。


私は変額有期生命保険の他に変額終身生命保険も契約しています。
また、似たような保険に変額養老保険や変額個人年金も有ります。
契約者の状態や考え方(リスク許容性や保障期間)によって、
どの保険が有利かは変わってきます。
変額保険で資産運用を考える際には、色々なケースを想定し、
複数の見積もりをもらうのがオススメですよ。

テーマ : 生命保険・損害保険
ジャンル : ファイナンス

変動保険金額の増減の記録

7/19の日経平均は前日比+420円の21466円でした。
(前日比+2.00%)
私の保有株は前日比+1.41%でした。

保有株では
1976 明星工業 +33円(+4.63%)
1726 Br.HD +14円(+4.17%)
7743 シード +39円(+3.52%)
2904 一正蒲鉾 +35円(+3.52%)
8005 スクロール +10円(+3.00%)
などの銘柄が値上がりしました。

不定期になってしまっていますが変動保険金額の増減の記録。
保険の内容
・H27/4/1に変額有期生命保険の契約をしました。
・掛け金は一時払い約40万円。
・77歳までの有期保険で最低死亡保障100万円。
・77歳の満期時には満期金の受け取り。
(満期金の最低保証は有りません。)
・運用は自分でポートフォリオを組み運用。
・運用益が出れば死亡保障が増額される。
・増額された死亡保障は増額分を年2回まで前払いすることが出来る。
・満期までは最低保証(死亡保険金)の有る投資信託のような保険です。
私の運用PFは外国株式100%で運用していますが、
「リスク分散で間接的に外国株式で運用している」と考えています。
(円安になればかなり運用が良くなります。)

これまでの変動保険金額増減の推移
H27/4月末は記録し忘れました。
27254円(H27/5/29)
12723円(H27/6/30)
4138円(H27/7/31)
ここからスマホで確認するようになったので毎月1日時点の運用状況
34,099円 (2015年8月)
-7,025円 (2015年9月)
-10,375円 (2015年10月)

28,573円 (2015年11月)
25,323円 (2015年12月)
16,292円 (2016年1月)
8,405円 (2016年2月)
-26,020円 (2016年3月)
-9,208円 (2016年4月)
-13,882円 (2016年5月)
-10,354円 (2016年6月)
-34,725円 (2016年7月)
-29,158円 (2016年8月)
-29,900円 (2016年9月)
-39,231円 (2016年10月)
-35,986円 (2016年11月)
-12,145円 (2016年12月)

4,195円 (2017年1月)
2,115円 (2017年2月)
17,656円 (2017年3月)
21,684円 (2017年4月)
26,705円 (2017年5月)
41,226円 (2017年6月)
38,852円 (2017年7月)
37,314円 (2017年8月)
31,835円 (2017年9月)
40,795円 (2017年10月)
52,897円 (2017年11月)
56,820円 (2017年12月)
65,554円 (2018年1月)
70,885円 (2018年2月)
38,595円 (2018年3月)
35,689円 (2018年4月)
47,609円 (2018年5月)
51,213円 (2018年6月)
65,273円 (2018年7月)
83,552円 (2018年8月)
86,655円 (2018年9月)
102,365円 (2018年10月)
64,967円 (2018年11月)
78,444円 (2018年12月)
33,254円 (2019年1月)
45,827円 (2019年2月)
78,304円 (2019年3月)
91,762円 (2019年4月)
101,964円 (2019年5月)
82,837円 (2019年6月)
101,560円 (2019年7月)

7/19時点での変動保険金額は109332円となっています。
個人的には
①円建てで最低額が生命保険として保証されている。
②間接的にではあるが、簡単に外国株式に投資できる。
というのがメリットだと思います。


私は変額有期生命保険の他に変額終身生命保険も契約しています。
また、似たような保険に変額養老保険や変額個人年金も有ります。
契約者の状態や考え方(リスク許容性や保障期間)によって、
どの保険が有利かは変わってきます。
変額保険で資産運用を考える際には、色々なケースを想定し、
複数の見積もりをもらうのがオススメですよ

テーマ : 生命保険・損害保険
ジャンル : ファイナンス

変額保険の記録

3/20の日経平均は前日比+42円の21608円でした。
(前日比+0.20%)

私の保有株は前日比-0.08%でした。
8912 エリアクエスト +9円(+6.32%)
8291 日産東京販売HD +10円(+3.13%)
などが上げ
9142 JR九州 -180円(-4.71%)
5942 日本フイルコン -18円(-3.39%)
などが下げました。
JR九州は中期経営計画の減益見通しを受けて急落と言う事ですが、
ここは資産株として永久保有予定です。

不定期になってしまっていますが変動保険金額の増減の記録。
保険の内容
・H27/4/1に変額有期生命保険の契約をしました。
掛け金は一時払い約40万円。
77歳までの有期保険で最低死亡保障100万円。
・77歳の満期時には満期金の受け取り。
(満期金の最低保証は有りません。)
・運用は自分でポートフォリオを組み運用。
・運用益が出れば死亡保障が増額される。
・増額された死亡保障は増額分を年2回まで前払いすることが出来る。
満期までは最低保証(死亡保険金)の有る投資信託のような保険です。
私の運用PFは外国株式100%で運用していますが、
「リスク分散で間接的に外国株式で運用している」と考えています。
(円安になればかなり運用が良くなります。)

これまでの変動保険金額増減の推移
H27/4月末は記録し忘れました。
27254円(H27/5/29)
12723円(H27/6/30)
4138円(H27/7/31)
ここからスマホで確認するようになったので毎月1日時点の運用状況
34,099円 (2015年8月)
-7,025円 (2015年9月)
-10,375円 (2015年10月)

28,573円 (2015年11月)
25,323円 (2015年12月)
16,292円 (2016年1月)
8,405円 (2016年2月)
-26,020円 (2016年3月)
-9,208円 (2016年4月)
-13,882円 (2016年5月)
-10,354円 (2016年6月)
-34,725円 (2016年7月)
-29,158円 (2016年8月)
-29,900円 (2016年9月)
-39,231円 (2016年10月)
-35,986円 (2016年11月)
-12,145円 (2016年12月)

4,195円 (2017年1月)
2,115円 (2017年2月)
17,656円 (2017年3月)
21,684円 (2017年4月)
26,705円 (2017年5月)
41,226円 (2017年6月)
38,852円 (2017年7月)
37,314円 (2017年8月)
31,835円 (2017年9月)
40,795円 (2017年10月)
52,897円 (2017年11月)
56,820円 (2017年12月)
65,554円 (2018年1月)
70,885円 (2018年2月)
38,595円 (2018年3月)
35,689円 (2018年4月)
47,609円 (2018年5月)
51,213円 (2018年6月)
65,273円 (2018年7月)
83,552円 (2018年8月)
86,655円 (2018年9月)
102,365円 (2018年10月)
64,967円 (2018年11月)
78,444円 (2018年12月)
33,254円 (2019年1月)
45,827円 (2019年2月)
78,304円 (2019年3月)

3/20時点での変動保険金額は94201円となっています。
個人的には
①円建てで最低額が生命保険として保証されている。
②間接的にではあるが、簡単に外国株式に投資できる。
というのがメリットだと思います。


私は変額有期生命保険の他に変額終身生命保険も契約しています。
また、似たような保険に変額養老保険や変額個人年金も有ります。
契約者の状態や考え方(リスク許容性や保障期間)によって、
どの保険が有利かは変わってきます。
変額保険で資産運用を考える際には、色々なケースを想定し、
複数の見積もりをもらうのがオススメですよ

テーマ : 生命保険・損害保険
ジャンル : ファイナンス

ビットフライヤー

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

フリーエリア

プロフィール

とと

Author:とと
安月給の男が子供のためにお金の事を考える。
株式投資・資産運用・懸賞で生活にゆとりが出ればいいなあ。

カテゴリ
検索フォーム
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
お客様
ようこそ
現在の閲覧者数:
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
389位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
49位
アクセスランキングを見る>>
私もやってます
アフィリエイトはエーハチネット
酵素洗顔はオススメ
【公式】Cureオンラインショップ
気になってます。
干すよりキレイ。ふとんクリーナーはレイコップ
ちょっと欲しいです。
【KINTONE (セグウェイ式)】
おすすめ
但馬牛・三田和牛専門店
おすすめ2
蟹を食べるなら 【かに本舗】
健康気になります。
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

免責事項
当サイトに掲載された情報については、あくまでも私個人の感想によるものが多く、その内容の正確性等に対して、一切保障するものではありません。当サイトの利用で起きた、いかなる結果について、一切責任を負わないものとします。
さとふるでふるさと納税
ふるさと納税!さとふるが簡単!
amazon
楽天
バイナンス 仮想通貨取引所
バイナンス取引所はこちら
バイナンス取引所は ①手数料が安い ②見やすく操作しやすい ③取り扱い通貨が多い と初めての海外取引所におすすめです。
手軽に投資
【SBIネオモバイル証券】
お買い物でキャッシュバック
monoka(モノカ)
QRコード
QR
RSSリンクの表示
リンク
勝手にリンクしています。